幼なじみはMy doctor 14
『はい……、お疲れ様です…』


電話を切ると同時に、ユチョンは低い声でさくらに問う。

『どういうこと?日曜日出勤するって……、俺との約束は??』


『…仕事なんだもん、……しょうがないじゃん…』


ユチョンと目を合わせないように、さくらは俯きながら携帯を鞄にしまう。


『約束があるって言えばよかったじゃん!俺との約束の方が先だったでしょ?!』


『だから……』


『そんなの断ればいいだろっ!!
俺の約束と仕事……どっちが大事なの?!』



「どっちが大事…」

そんな当たり前のようなことを聞かれて、さくらの心はズンと急に重たくなった…。


『そんなの…聞かなくたって分かるでしょ?だけど、優先順位は仕事…。
夕方までには終わるそうだから、それから買い物……』


さくらの話を遮るようにユチョンが口を挟む。



『電話の相手は……誰?』

『え?…同じ課のジェジュンさんって人だけど……』


『……だから?その人だから行くの?
……好きなの??その人のこと…』



突拍子もない質問に埒があかないと、さくらは大きくため息をついた。


『はぁー…やめよう。
私はユチョンと付き合ってる、あなたが好きでこうして部屋に来た…。
それだけじゃ伝わらない?』


『…伝わらない……側にいて、日曜日。……行かないでほしい……』


『はぁーー…ごめん、もうこれ以上話すことない。
帰るね…』


キーー……バタン…


…とうとうさくらは出ていってしまった。


待合室のイスに座り、ユチョンは頭をかかえて大きなため息をつく。


と、そこへ、一本の電話がかかってきた。


『もしもし……あっ、こんばんは。先程はすみませんでした…、えっ?今からですか??
いえ、大丈夫です……はい、伺います。失礼します……』



∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵

ピンポーン

ガチャッ………


『あっ、…ご無沙汰してます!』





電話の相手は、さくらの母親だった。


昼休み、朋さんに話す少し前にユチョンはさくらの自宅へと電話をかけていた。


さくらと再会したこと、昔からの想いや今の想い…結果付き合うようになったこと。


そして、さくらと結婚したいということを伝え、サプライズプロポーズの為に両親に協力してもらいたい……ということを話していた。


「お父さんが帰ってきたから、一緒に話をしましょう」

と、声をかけて頂き、今ユチョンはさくらの家へと来ている。





リビングに通されて、さくらの父親が既に座っているソファーへと座る…。


さくらの母親がお茶を持ってきてくれるまでの間、朝電話した時からまた一段と悪くなってしまったこの状況を、どう説明するべきか……ユチョンは頭を悩ませていた。



そんなユチョンの表情を見たさくらの父親は、冗談を交え話を色々としながら核心にふれた。


『ははははっ……、そうか。で、殴られる心配じゃないのなら、何の心配をしているんだ?』


お茶を出し終わって座ったばかりの母親は、いない間の会話が分からず、キョトンとしている。



『あの……さくらさんとケンカというか、言い合いになりまして……。
その…日曜日は、中止しようかと……』


ユチョンの言葉にビックリしたさくらの両親は、顔を見合わせた。


『本当に申し訳ありません!でも、結婚したいって思う気持ちは変わりません。ただ…僕が焦りすぎたのかなぁって……もう少し時間をかけるべきなのかもしれないなって……』


そう弱い本音を漏らすユチョンを前に、さくらの両親はニコニコと笑っていた。



『ユチョン君、私達夫婦もそうなんだよ。

私達は同級生で、小学3年生まで一緒でそれから妻が転校したんだ。
そして高校に入って、私達は再会した……。二度と離れたくなくて、すぐに告白したんだ……それからずっと、一緒なんだよ。
プロポーズも、サプライズだった……あははっ』


ユチョンを見ていた目が隣にいる妻へと向けられると、二人はギュッと手を繋いで微笑みあった。


そんな微笑ましい姿を見て、ユチョンの心にパッと明かりが灯ると、人生の目標の道しるべが見えたかのようだった。


柔らかな優しい笑顔を向ける未来の婿に、さくらの父親は最後にこう言った。




『タイミングなんて、誰かに決めてもらうもんじゃない。自分が今だ!と思ったのなら、進めてみなさい。私達も喜んで協力させてもらうぞ。

私はそうやって、妻を手に入れたぞ。ユチョン君……君は、どうする??』



未来のお義父さんの問い掛けに、

『ありがとうございます!頑張ります!!
必ず……さくらさんを幸せにします!!』


ユチョンは満面の笑みで答えたのだった……。









続く
[PR]
by k-tmyf | 2013-10-16 15:54 | 幼なじみはMy doctor

妄想をえっちらおっちら書いております
by ジチョル
> 検索
> ブログパーツ
> 最新の記事
> 外部リンク
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧